見学・お問い合わせ

社会福祉法人大野福祉会 八幡保育園

地域子育て支援

地域子育て支援

一時預かり

一時預かりについて

一時預かり「こあら組」では、お仕事や学校・幼稚園行事、病院や習い事、美容院、お母さんのリフレッシュなどなど、どんな理由でもお預かりいたします。(生後6ヶ月~小学校就学前まで)
経験豊かな保育士が、家庭的な雰囲気を大切にしながら、一人ひとりに合わせてきめ細やかな保育をしています。

保育時間
月曜から金曜日(午前8時30分~午後5時)
お申込み方法
月曜から金曜日の午前8時30分~午後5時の間にお電話で受け付けています。
原則として、前日までにお申し込みください。
利用人数によって、お断りする場合もありますので、ご了承ください。
TEL 0463(21)0084(午前8時30分~午後5時)
保育料について

※保育料は30分単位で計算します。

年齢 保育料 給食代 おやつ代
0才 500円/1時間 300円 50円
1・2才 400円/1時間 300円 50円
3才以上 300円/1時間 250円 50円

※お弁当・おやつは持参してもかまいません。

※保育料は30分単位で計算します。

0才
保育料 500円/1時間
給食代 300円
おやつ代 50円
1・2才
保育料 400円/1時間
給食代 300円
おやつ代 50円
3才以上
保育料 300円/1時間
給食代 250円
おやつ代 50円

※お弁当・おやつは持参してもかまいません。

持ち物

※全ての持ち物に名前を記入して下さい。

乳児(6ヶ月~2才)

着替え(利用時間に合わせ少し多めにご用意ください。)
オムツ、お尻拭き
スーパー等のビニール袋2枚(汚れ物やオムツを入れます。)

  • 昼食を食べる方
    エプロン、おしぼりタオル、水筒又はストローマグ(中身を入れて)
  • ミルクを飲む方
    ミルク(必要な分)、哺乳瓶、ガーゼ
幼児(3才~5才)

着替え(下着、服、靴下等1組)
オムツの取れてない方はオムツ、お尻拭き
スーパー等のビニール袋2枚(汚れ物やオムツを入れます。)

  • 昼食を食べる方
    主食(ごはん、パン等)、箸・フォーク・スプーン等、水筒、おしぼりタオル
注意事項
  • ※当日予約及びキャンセルは、9時までにご連絡ください。
  • ※熱、流行性の病気、とびひ等ある場合は、お預かりできません。

開放保育

平成30年度八幡保育園開放保育予定

開放日
4月
10・17・24
5月
1・8・15・22・29
6月
5・12・19・26
7月
3・10・17・24
8月
お休み
9月
4・11
10月
2・9・16・23・30
11月
6・13・20・27
12月
4・11・18・25
1月
8・15・22・29
2月
5・12・19・26
3月
5・12・19・26

日付の赤字は、育児相談員・加藤啓子先生(臨床心理士)の来園日です。

※7月31日~8月28日まで夏期保育のためお休みです。

※9月18日、25日は運動会の練習の為、お休みです。ご了承ください。

参加可能行事
  • 運動会:9月29日(土) 雨天:30日(日)
  • 12月25日は、解放保育のお友達へサンタからプレゼントがあります。
開放日について
  • 開放日は原則として、毎週火曜日9:30~11:00です。
    (終日門の鍵がしまっておりますので、来園時はインターフォンでお知らせください。ご協力をお願いします。)
  • 園の行事などにより、お休みする日もあります。(上記の予定表でご確認ください。)
  • 加藤啓子先生は、第2火曜日-9:00~13:00  第4火曜日-9:00~13:00の予定です。
    予告無く予定を変更する事もございますので、相談希望の方は事前にお問い合わせください。
  • 子供の心理発達、家庭のことなど、お気軽にご相談ください。
    予約制で、ご相談をお聞きする事も出来ます。是非ご利用ください。(無料)

育児相談

育児相談について

八幡保育園は、平成元年、地域支援センターに指定されました。その役割を真摯に受けとめ、当初からカウンセラー(臨床心理士)による相談事業を始め、子どもたちの発達成長や問題に先進的に取り組んでまいりました。
30年近く、園児を含め地域の子育てを支援してきた、臨床心理士加藤啓子先生を紹介します。

日々成長する子どもたちのさまざまな姿は、頼もしく、心強く、そしていとおしいものです。しかしながら、その過程は、必ずしも親にとって喜ばしい場面ばかりではなく、親を困らせ、手こずらせ、いらだたせることも少なくありません。

また近年、人の育つ環境が大きく変化したことで、これまで家庭の中で自然になされてきた子育てが、難しくなったといわれます。

子どもの問題や子育てについての情報があふれるなかで、「子どもをどのように育てたらよいか?」,「わが子にあった子育ては?」、「こんなとき、どう対応すればいいの?」といった親御さんの迷いや疑問は多くなっています。

一人ひとりの子どもが将来、「生まれてきてよかった」と思えるよう、今現在の子育て・子育ちを応援したいと思います。ちょっとした些細なことでもお気軽にご相談ください。

相談室からひとこと

食事中ママに話しかけることが多くいつまでも食べ終わらないAちゃんに、忙しいママは毎晩困っています。「食べ終わったら好きなTVが見られるよ」と育児書通りに言ってみたけれど効果なし。そこで最近Aちゃんのマイブームに目をつけ、「食べ終わったら5分間指相撲ができるよ」と提案したところバッチリ効果があったとか。TVよりママと一緒に遊ぶ方が好きなのですね。食事中のおしゃべりも大好きなママと話したかったのでしょうね。
Aちゃんの気持ちに気づいたことで、ママもAちゃんとの会話が少し楽になったということです。

子育て講座

子育て講座について

年1回、臨床心理士 加藤先生による子育て講座を企画しております。
昨年は1月に「子どもが喜ぶ ゲームで遊ぼう!」という親子参加の講座を行い、大勢の親子に参加していただき楽しいひとときを過ごしました。今年度も実施予定ですので、お楽しみに!

講座で紹介した「ゲーム」とは、カード等を使用するヨーロッパの「アナログゲーム」のことで、4・5歳児は保育の一環で加藤先生と年数回、ゲームの時間を設け楽しんでいます。
ゲーム終了後には、表情カードを使って楽しさ、喜びだけでなく、口惜しさや怒りもお友だちと伝え合っています。

PAGE TOP